院 長 挨 拶

小国公立病院
 院長 坂 本 英 世

(おぐに老人保健施設長兼務)

当院は小国町と南小国町の両町により設立された病院です。

熊本県の東北に位置し、大分県に突出した形で南のみ熊本県に接しておりますが、その境には標高約900mの阿蘇外輪山が横たわっています。

周囲約30km以内に病院は他に無く小国郷(小国町と南小国町を合わせて小国郷と言います)の医療全体を担っております。

唯一の病院ですのでその守備範囲は広く、初期救急から地域医療、保健、介護、福祉、行政関係と医療が関係しなければならない殆どの事に関与しています。

今、地方の公立病院はどこも医師不足の問題を抱えています。当院も同様に医師不足は深刻な問題です。それでも熊本大学、県、熊本赤十字病院等の支援を得て何とか常勤医7名(うち1名は3ヶ月交代)を維持しております。また、外来診療科も非常勤の先生方のおかげで12診療科を開設しています。特に平成22年に泌尿器科、平成23年には精神科(物忘れ外来)を開設できたことは、それまで日田市、阿蘇市、熊本市へ通院されていた住民の皆様には大変良かったと思っています。

まだまだ他にも病院の老朽化、職員の人材不足、接遇の問題等、解決あるいは改善していかなければならない問題はありますが、この小国郷の医療全体を支えていかねばならないという使命感を持って職員一同頑張ってきたつもりです。

これからも、さらに努力を積み重ねていくつもりでおりますので、何卒宜しくお願い致します。