小国公立病院分煙について
 平成15年5月1日から健康増進法が施行されたことに伴い、小国公立病院では、分煙を進めています。喫煙場所を1階ロビー1箇所と3階ディールームに限定する予定です。ご協力をお願いします。また、職員の喫煙についても検討中です
平成15年5月1日から健康増進法が施行されました。

健康増進法第25条において、多数の人が利用する施設(下記のとおり)の管理者は、施設利用者について、
受動喫煙を防止するため、必要な措置を講ずるよう努めなければならないこととされました。

 多数の人が利用する施設の例

学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店、鉄軌道駅、バスターミナル、航空旅客ターミナル、旅客船ターミナル、金融機関、美術館、博物館、社会福祉施設、商店、ホテル、旅館等の宿泊施設、屋外競技場、遊技場、娯楽施設等多数の者
利用する施設(鉄軌道車両、バスおよびタクシー車両、航空機、旅客船等も含まれています。)

受動喫煙とは

受動喫煙とは、たばこを吸わない人が、他人のたばこの煙を吸わされることで、受動的に(本人の意思とは関係なく喫煙をしているのと同じ状態にさせられることです。

受動喫煙防止のために

受動喫煙防止措置の具体的方法としては、施設内の喫煙場所と非喫煙場所を喫煙場所から非喫煙場所にたばこの煙が流れ出ないように分割する方法による
分煙や施設内における喫煙を一切禁止する全面禁煙があります。